« ◆シーバス猛爆への道 ≪タックル編≫ | トップページ | ◆≪四国遠征≫ 釣行記事が発売になりました! »

2014年3月30日 (日)

シーバス猛爆への道 ≪テクニック編≫

マッチ・ザ・ベイト。 基本中の基本ですね!Dsc_0311
≪現在、ベイエリアのメインベイトはシコイワシ。どの個体も腹の中はシコでパンパンです!≫

さーて、いよいよ具体的な釣り方をお伝えしちゃいますよ~!まずは、

**************************************

★誘いのアクション

大きくわけると下記の3通りとなります!

 (1)フォーリング
 (2)ただ巻き上げ
 (3)ワンピッチジャーク

そして(2),(3)にスピードの強弱やストップ&ゴーを絡めながらその日、その時のアタリパターンをひたすら探していく・・・が基本。しかしただ、やたらめったらやっていても効率が悪い。誘いダナと喰わせダナを常に意識するのが重要ポイントとなります。

ちなみに誘いタナはボトムから5m程度までが基本となるので、その際は1回転が70cmのリールであればバーチカルで7回転ちょっとまでが誘いダナ。そこまで上げたらクラッチを切って再度ボトムをとり繰り返し・・・となりますが、魚の活性によりタナはどんどん変化します。また同じ事をやるだけではすぐに見切られます。上記に記述したアクションを常に組み合わせて飽きられないように誘うことが大事です。

またバーチカルジギングが基本ではありますが、軽くキャストして手前に探ってくる形の方がより飽きられにくく、新しい魚とのコンタクト率が上がるので、狙う魚のサイズや活性と効率を考えながら、これらを組み合わせることも猛爆を極めるためにはとても重要です!

Dsc_0318
≪アタリダナ・アクション・ジグ・カラーのセッティングを如何に早く見つけるか?が勝負!≫

**************************************

★カラー選択のシークレット

あ~~~これは黙っておきたいなー・・・でもお伝えしちゃいましょう(*^^*)

しかしカラーの世界は本当に深い。やればやるほど深みに入りジグが増えていく(笑)

だけど誰一人当たらない中でハマったジグを使う人だけが爆釣するシチュエーションは行くたびに遭遇すると言ってもよいくらい経験します。魚からはどんな色や波動を捉えているのかはわかりませんが、言えているのは人が釣れるカラー(思わず買っちゃう美しいカラー^^;)とそれは別である場合が多い、と経験上感じますね。

Dsc_0372_3
≪何事もそれしか知らない、ではダメ。自分なりにあらゆるルアーを徹底的に試すことも必要!≫

東京湾の定番カラーローテーションといえば、

 (1)ピンク&シルバー
 (2)ブルー&シルバー
 (3)グリーン、赤&ゴールド

この辺の組み合わせがセオリーと言われていますね!その選択ポイントは、

 (1)マッチ・ザ・ベイト

 (2)刻々と変わる天候、水色による光量の変化に対応する。

 (3)水色に馴染みながらも最大のアピールがあるカラー。

 (4)同船者の使っているルアーよりも目立つ。

このようなことを基準に選ぶのがまず王道と思われます。しかしそれほどに拘らなくても魚にヤル気スイッチ!が入っていればバンバン何でも喰ってくれることも多いのですが問題はヤル気イマイチ・・・な時に如何にしてスイッチON!させるかなのです。そこで重要となってくるカラー+αのファクターは、

 ★ルアーが作り出す水の波動によるアピール。

 ★同船者の使っているルアーより食べやすい。

 ★やる気のない時にでも思わず反射喰いしてしまうアクション!

となってくると思われるのです。そしてこれらはアングラーのルアーテクニックも重要ですが、やはりメタルジグ自体の性能差が大きく関係していて、それをしっかりと考慮して作られているのがプロセレのアンチョビットなのです。実際に手に取って使ってみるとその差はすぐに感じますね!


ちなみに私は競合のいないレンタルボートでの一人釣行が多いのですが、そんな時はハッキリ言ってある程度の性能があるジグならは何でも釣れます!しかし乗合船ではそうはいきません。つまり魚に他のルアーと比較をされているシチュエーションでは、より多くの引出しが必要になる事が今シーズン学んだ最大の成果です♪

しかしながら、ブログには書きませんでしたが昨日、その技術を持ってボートで試したところ・・・シーバス猛爆!!で記録的な早揚がりとなりましたv(*^.^*)おそらく今までのやり方でも確かに釣れはしたと思いますが、間違いなく数は取れなかった。さらに大型のクロダイも釣れたりと、メソッドを学び引出を増やした事がこれほどの釣果差になるのを、あらためて痛感した出来事でした^^

つらつらと長く書きましたが、皆さんが知りたいのは早く釣れるジグを教えろ!ってことだと思いますので(((笑)))今季のベストルアーをご紹介しちゃいましょう♪

Dsc_0381
≪プロセレ・アンチョビット80g(左から)シルバーボレット・.ゴールデンアーミー・レインボーヘリング。この3色ははっきり言ってヤバイです!≫

 

 【シルバーボレット】
冬のベイアリアにおける濁りの強い状況にもっとも効果的。フラッシングはシリーズ中で最大級で集魚力も抜群!大物実績も多数。

 【ゴールデンアーミー】
明度が高く、水色が緑(Jigと同色)の時にとても効果的!河口周りにも効果を発揮。 水に馴染むカラーなので、ターゲットに違和感なくアピール。シーバス以外にも クロダイ、アイナメ、メバル、クロソイ等々、なぜかこのカラーは突出して多数キャッチ。HARUKIも70UP捕獲率はこのカラーがダントツです♪

 【レインボーヘリング】
主にサッパがベイトの時に絶大な威力を発揮する。他にストラクチャー周りの暗闇の多いエリアや深場狙いにも良い。また膨張色でもある為、大物キャッチにも一役買ってくれる!一見、地味目なので敬遠しがちですが実はハマるとホント、エサの如くよく釣れるトップバッターのひとつなのです!コレ(^^)

ちなみにこの3色はこのジグの企画、発案者でもあるTOM若林さんのオリジナル限定カラーで購入はご本人から直接のみとなっています。ほしい方は若林さんの定宿である本牧・長崎屋 さんにシーバス釣行に行って、まずご本人と仲良くなりましょう♪若林さんは素晴らしい情熱とお人柄でどんなことでも快く教えてくれますよ!ホント、普通なら数年かかる事を長崎屋さんに行くと一日で学ぶ事ができます。HARUKIも自信をもってお勧めします^^

もちろん他の一般販売しているカラーバリエーションも例外なく素晴らしいのでご安心を♪
若林さんは1シーズンで1,000匹以上のシーバスを仕留めますが、その豊富な経験とデータに裏打ちされた釣れるカラーのみがラインナップされているので、そんなポリシーも好感が持てますね(^^)置いている釣具店が少ないのは難ですが、私はWeb通販のエブアンドフロー さんが在庫豊富なので利用しています。
Wakabayashi_photo
≪アンチョビット発案者のTOM若林さん。恐ろしく釣るその様はまさにシーバス仙人!長崎屋さんに行ったら何でも聞いてみることをお勧めしますよ!d(^^)≫

しかし最大のシーバスピークであるこの大潮の週末が荒天中止ってのは悔しいですねー^^;また次週に期待いたしましょう!長くなったので今回はこのへんで。次回はテクニック最終章といきましょう(^^)

 

|

« ◆シーバス猛爆への道 ≪タックル編≫ | トップページ | ◆≪四国遠征≫ 釣行記事が発売になりました! »

コメント

シーバス猛爆への道、拝見させて頂きました。
とてもためになります。
テクニック最終章、楽しみにしてます。

投稿: 東京シーバサー | 2014年5月 8日 (木) 22時54分

テクニック最終章はないのでしょうか・・・think

投稿: | 2014年6月27日 (金) 07時37分

時期外れでもよいのでお願いできませんでしょうか?
トムさんのテクニックには以前からとても興味があったので。
よろしくお願い致します。

投稿: 東京シーバサー | 2014年6月27日 (金) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆シーバス猛爆への道 ≪タックル編≫ | トップページ | ◆≪四国遠征≫ 釣行記事が発売になりました! »