« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

◆来週は九州◆

◆来週は九州◆
もうマンネリネタ化してますが(^^; 昨日は野比ハギ行ってきました!

結果は33センチ頭に尺3枚を含み相変わらずの爆発ぶり。

北東が強めに吹くような日は流れが生まれる故か高活性な事が多いのですが、昨日はまさに当り日!他船も大型含め数が出ていました。

秋も本番、水温も20度を割りはじめいよいよ最盛期!行くなら今です。メガハギ狙いは本当に面白い。ボクも何度でも行きたくなっちゃうんだよなぁ(^^)

さぁ来週は九州は福岡に行ってきます!
今日は荷作りしなくては...玄界灘はこれからの時期、出船率が低くなってくるので心配ですが現在の予報では問題なさそう。好天となることを祈ります(^人^;

| | コメント (0)

2011年10月28日 (金)

◆釣りから学ぶビジネスセンス◆

◆釣りから学ぶビジネスセンス◆
昨日から二冊の本を読みました。

ある日突然上手くなるシリーズのブラックバス編はJBの若きトッププロ青木大介さん、シーバス編は泉裕文さんの本です。

両書に共通している内容でもっとも大切な事は魚のシーズナルパターンを把握することの重要性。

そして今、この状況下で魚がどんな状況にあるのか?を常に考え、自分の釣り方は水中でどんな状況にあるのか?を繊細にイメージできているという事だ。

この書籍はその具体的なシークレットを公開してくれている良書。狙う魚がブラックバスやシーバスでなくとも学ぶべきヒントが沢山含まれていてサラッと読めるので興味がある方には是非お勧めしたい。

ちなみに私がこの手の本を読む時は、

■自分の狙いたい魚だったらどうだろう?

■仕事における取引先との商談獲得が目的だったらどうだろう?

つねにこの2つを対話的に考えながら読んでいる。

例えば、イシダイはブラックバスとシーズナルパターンが非常に似ていて冬は当たれば大物だし体力あるビッグワンはいつでもシャロー好きだ。なら伊豆のあのゴロタ場エリアの大岩がベストポイントかな〜?

とか、

お客様に対して競合他社と同じようなプレゼン内容を同じ方向からばかりキャストしてスレられていないだろうか?
ならば違う角度から少しずつ、でも絶やさず情報やサンプルコマセを撒いて上げ潮が来た瞬間に一気に一本釣り〜っ!!
...とか(笑)

本当に優秀はフィッシャーマンはステージをビジネスの場に変えても間違いなくいい結果を釣ってくると思います。

情報はどれだけかき集めても他人の知恵にしか過ぎない。どんなに些細でも何事も自分の力で考えその積み重ねが本当の知恵になる。

青木大介さんが本書で書いていた文章の抜粋ですが若干20代でトッププロであり続ける真髄はここにあるのでしょう。

釣りもビジネスも最大の能力を発揮できる人のモチベーションの源はこの喜びを知っているからに他ならないと思います。

いや〜凄いな〜...と感心して終わるのではなくボクも、そしてあなたも!自分流に頑張っていきましょう(^-^)

| | コメント (0)

2011年10月26日 (水)

◆HARUKI流 釣った魚の活かし方◆

◆HARUKI流 釣った魚の活かし方◆
イシダイ竿師のMさんにヤマトクール便で送る前のカワハギ。キレイに捌いてすぐ食べられる状態で送ります。関東圏内ならば朝出せば夕ご飯には間に合いますから鮮度も保てます♪

沢山釣った魚はいつもどうしているの?とよく聞かれます。

実は自家消費はわずかで、ほとんどは平素からお世話になっている皆様に気持ちとして差し上げています。

ちなみに先日釣った魚の半分は会社の仲間と食べて、半分はイシダイロッドの製作とメンテナンスをお願いしているMさんに写真の通りすぐ食べられる状態まで処理してからクール宅急便で送りました(^O^)

私はあまり御中元や御歳暮は送りません。
その代わりに親戚、友人、取引先のキーマンの方々等、普段からお世話になっている方々、大切なサポーターには旬の魚を季節問わずお届けしています。釣れた中でも特に美味しい部分があれば、自分で食べるのではなく一番大切な人に送ります。

確かに捌くのも料理するのも手間ではありますが、その心遣いは必ず相手に伝わります

自分という人間がどんな人なのか?を知ってもらう最高のチャンスでもありますし、これを機に人間関係が一気に深くなるのをいつも感じます。心だけではなく胃袋にも感動を届けられるなんてホントいい趣味を持てたなぁと思います(^^)

例えば釣行費用が一回10000円だとして、これを自己の満足だけに消費したならばこれは高い趣味だと思うけど、たった1人でも人の感動を引き出す投資としての費用であれば決して高いものではないし、モチロンそれば多ければ多いほど良いのは言うまでもありません。

単なる釣りバカの私がおかげさまで今日現在、こうして好きな釣りを継続出来ているのも全てにおいてサポートしていただいている皆様のお陰。

あらためて本当にいつも有難うございます(^人^) 多謝!!!

Cat07xqh カワハギ鮮度維持の極意。活け締め後、■海水につけて持ち帰る(氷はペットボトル)■キモは流水で洗いながら内臓を外す(血や繊維、苦玉汁の残りがないかよく分かる)■キモは取り出したらすぐに塩・酒を入れた氷水にいれて15分締める。 処理後、チルド室保存にすれば3~5日程度は美味しくいただけます(*^.^*)

| | コメント (0)

2011年10月25日 (火)

◆アクティブ!豪華リレー釣りなどいかがでしょう◆

◆アクティブ!豪華リレー釣りなどいかがでしょう◆
カワハギは相変わらず良型が釣れました(^^)秋も深まりキモも更にデカく美味しく♪

昨日はこの秋のマイブーム釣り場、野比海岸は秀丸ボートでの釣行でした。

スパ釣りの感触的には数はイマイチもサイズは昨日の写真通りまずまず。来月あたりはさらに狙い目ですね!('-^*)

これからはアオリイカのサイズupに期待&むしろポテンシャルの高いスミイカも合わせれば同じタックルで二度おいしい(*^.^*)余裕のある方は+カワハギを混ぜれば豪華食材2、3本立ても可能ですぞ〜!

ちなみに朝一番は手漕ぎのエリアでも可能性はありますがやはり船外機船の機動力に分があるでしょう。三浦海岸海岸エリアはアクセス至便!電車でも駅近で高速は佐原ICから7分程度。ボート店は秀丸ボートさんクォーターリーさんヒット三浦海岸さんの3軒があります。開拓精神溢れるアクティブなアングラーの皆さんには是非試してみていただきたいですねっ('-^*)

さぁ釣ったアオリ&カワハギは今日、会社のみんなで美味しくいただきま〜すっ(^人^)

| | コメント (0)

2011年10月24日 (月)

◆三浦海岸 スパイラル釣行◆

◆三浦海岸 スパイラル釣行◆
今日は最高の陽気ですね〜(^O^)

ボチボチとアタりますが今日は少し渋めですね(^_^;)ちなみによく当たった水深は20m前後。エギはブリーデンエギマルのスーパーディープ3.5号。

それとベイトが溜まっている瀬周りではカンパチもよくエギを追いかけて来ましたからメタルジグで専門に狙ってみるのも面白いでしょう(^^)

そろそろ切り上げて最後にカワハギの土産を釣って帰ります。来月のハギマスターで勝負するポイントの下見も兼ねて(^^)

| | コメント (3)

2011年10月23日 (日)

◆やっぱり秋はこれよね(*^.^*)◆

◆やっぱり秋はこれよね(*^.^*)◆
今夜のおかずは秋刀魚の塩焼き。200円で買えるシアワセです(^∇^)

散々凝った魚料理もやってきたけど最近はもっぱらテキト〜。
よそいき料理はプロに任せて素材をシンプルに楽しむのが好きです。
健康面、栄養面からもその方が良いし♪

実は私も前厄。しかし同世代の仲間が健康診断でどんどんレッドゾーン入りしていく中、
私は肉体年齢20代をバッチリキープしています。仕事がら医療のレベルで自己管理を
徹底してはいますが、それもこれも健康に長く釣り人生を楽しみいたいため、だけです(笑)

しかし本来、カラダにいいはずの魚を沢山食べているはずなのに
釣り人は不健康な人が多いですよねぇ(^^;;キモは分かっているのですが…

まぁその辺は耳が痛い内容でしょうし、もしリクエストがあれば
どこかでお話することにいたしましょう。

さてと、今日は皆さん釣りに行かれたのでしょうか?
私は仕事でしたが明日は出漁します!
スパ釣り調査もやりますよ('-^*)荒れ後の入れ乗り予感...!?

| | コメント (0)

2011年10月20日 (木)

◆◆世界最高精度のGPSウェポン マイ海図(β版)をテスト中

Ca3a1531 日本の釣り ボート釣り(イシダイ編) はもうお読みいただけたでしょうか?紙面を飾るに相応しいサイズのイシダイを取材本番で仕留めなければならないプレッシャーは他魚の時の比ではありません。毎回が本当に真剣勝負です(^^;

 2005年にガーミン社から発売されたハンディGPS map60csを手に入れた時は衝撃だった。そしてその時を境に釣果が大きく変わったのだ!そのシークレットポイントアプローチ精度がほぼ完璧になったから。何もそこまでやらなくてもオーバーな...とよく言われますが、私と同行した方はそこをこだわる事による歴然の差を結果で味わっていただいてきたと思います。

 そしてマイ海図の登場。初めての釣り場でも事前に狙いたいポイントを具体的にチェックしておけるだけでなく、地質、水深データが世界最高レベルの精度を持っている点だ。それがGerminGPSデジタル版としてその感動をハンディGPS上で再現できるようになった時は、まさに求めていた理想の釣りが実現した歴史的瞬間であった。

Ca3a1176_3 マイ海図がGerminGPSデジタル版としてその感動をハンディGPS上で再現できるようになった。まさに時代が求めていた理想の釣りが実現した歴史的瞬間!

 

魚探やGPS製品にはブルーチャートや等深線図がプレインストールされたものもあるが、その精度レベルでは大まかなエリア選択を行うには参考になるものの、あまりにも漠然としたものがほとんどで結局はさらにそこからポイントの絞り込み労力のロスがかなり大きいのが事実なのだがマイ海図を一度試していただければ分かる。その精度は再調査の必要がなく、まさに「完璧」といえる。

 やはり釣り人ならば、少しの時間も無駄にせず一分一秒でも早く竿を出したいものですよね(笑)そして自分の思い通りのイメージ通りの釣りを限りなく実現してくれる可能性を提供してくれる夢のツールがこのマイ海図なのだ(^^)

 

 しかし今回はその時以上の衝撃を覚えた。それが今回、開発者の増渕氏からお預かりしテストをしている ローランス版マイ海図(β版) である。 

 素晴らしいマイ海図も一点だけ課題を上げるならば、パウチ版およびデジタル版は少なからず現場で小画面のハンディGPSとにらめっこしなくてはならない時間が多少なりとも発生してしまう事がある。また目の悪い人にはキツイし、下ばかり向いているとと他船や海況への注意が散漫になってしまうことも気をつけねばいけないが、このローランス版マイ海図ならばそれをバッチリ解決してくれる!

Ca3a1532_2  私が愛用しているのはローランスHDS-7。 しかしレンタルボートでは取り回しの面からもHDS-5の方が扱いやすいだろう。

 

 大画面のフルカラー液晶にマイ海図と魚探画面を両立し、モチロン双方の切替も可能。本当に快適な釣りを約束してくれるのだ。

 

 実は日本の釣りの取材は、野比海岸の秀丸ボート等で行った。この時は思い切って敢えて経験の少ないマイ海図から見出した新規ポイントで勝負してみたが、狙い通り!プリスポーンのビッグママを仕留めることができた

 ・・・と、聞くとカッコはいいがこの日は大苦戦でエサ取りもない時間だけが延々と続き、昼をまわってもナント丸々ボーズ・・・精神的にも辛い時間が続いたがここでリズムを崩すことが実は外しに繋がるので自分を信じて打ち返し続ける。そして神は見放さなかったのだ!なんと終了間際の14時に唯一きた極小アタリをすかさず捉えて無事ランディングに成功し取材を終えることができたのだ。…とはいえ、いや~胃に穴があくかと思いました、ホント(^^;

 でもこんな時に自信を持って粘り続けることができるのも、エリア全体のポイント地形を把握し、ここが一番最高の場所!ならば絶対に来る!と自信をもって貫ける力の源となる情報を与えてくれたマイ海図があってのものでもあるのだ。

 __ ロクマル連発!!!自分の釣りが水中でどういう形になっているのかイメージできていますか?カメラでいえばぼやけていたピントがスッと合った瞬間にミラクルは起こる。偶然ではなく必然となるのです

 本日現在まだローランス版は正式発売されてはいないが、開発は着々と進んでいるので楽しみに待っていてほしい。また、その可能性に触れた事のない方も是非パウチ版およびデジタル版から試してみてください(^^)

 ちなみに今週末は久しぶりのイシダイ釣りとアオリイカのポイント調査に行く予定だが、スパイラル釣法にもこのマイ海図はホント最高!未経験のポイントであっても大体ここでアタるだろうな~とかもわかっちゃいますしね(^^)それにメガハギメソッドのキモはココにも実はあるのだ・・・っと、これはまたのお楽しみに。

Carf49h2 スパイラル釣法はホント楽しい釣り!2010年の後半は三浦から西は四国までスパイラル釣法で本当にいい釣りを堪能しました(実はブログupしていない爆釣も多々あり・・・今年は真面目にUPいたしますぅ-人-;)

 く効率的な釣りをしたい方、快適な釣りをしたい方、ライバルに一歩も二歩も差をつけたい方には最高のツールであることを保証します。アクティブなフィッシャーマンのDNAを刺激しこれを機会に時代が変わることを疑いません(^^)

★マイ海図で始まる新しいボート釣りの世界http://www.mykaizu.com/blocks/index/005  

★デジタルマイ海図(ガーミンGPS用)のお問い合わせは「UUD製作所」http://uud.info/ja/map/

| | コメント (0)

2011年10月18日 (火)

◆◆熊本出張 九州は爆釣モードも...

Ca3a1529_2
 昨日より出張で九州は熊本〜久留米にきておりますが仕事終了。これから東京に飛行機で戻り夕方からの会議に出席せねば・・・(^_^;)

 九州も秋の好シーズン真っ盛り!

 秋の九州と言えば 「落とし込み釣り」
現在、ヒラマサに大ヒラメを交えて好調だし、なんといっても行きたかったのは山口は関門から佐賀は呼子エリアの夜を彩るブドウイカはまさに猛烈爆釣り状態!!!さらに釣ったイカ泳がせにブリが乱舞とくれば、私のやるせない気持ちは皆様にも分かっていただけると思います。

 ちなみにさっきまでいた熊本でのカワハギ釣り情報。

 地元の陸釣りではまさに最盛期も、乗り合いを出している船宿は天草~有明海エリアで片手もありません。栄養価豊富な有明海の魚はどの魚をとってもコンディションがすこぶるよい・・・ってコトは釣られていない夢の40upの可能性も高かったりして....!?

 今回釣りには行けませんでしたが船外機を貸してくれるレンタルボート店が天草エリアに数件ある事を確認出来たのは成果。

 そしてあらゆる魚種がまだまだ未開拓の金山であることも・・・

 ブルーオーシャン戦略派としてはますます仕事のモチベーションも上がるというものです。ムフフ・・・楽しみは尽きません♪

 さぁ仕事、仕事!今日も後半戦を頑張っていきましょう!o(^▽^)o

| | コメント (0)

2011年10月16日 (日)

◆◆水中の真実を丸裸にするニューウェポン買いました!

◆◆水中の真実を丸裸にするニューウェポン買いました!
DVD「カワハギ地獄」に触発されて以前より購入しようとずっと検討していたアイテムを思い切って購入しちゃいました!


うみなかみるぞう君

釣りは釣れても釣れなくても、その結果をあれやこれやウンチクを言い合うのがアフターフィッシングとして大きな楽しみのひとつ。

しかしあまりにもオカルト(思い込みや迷信)が多いのも事実。
特にカワハギは小さいのしか居ないとか、居ないとか(モチロン本当にそうな場合もあります^^;)言って諦めているシーンをここ最近の釣行で幾度も目撃しましたが…実にもったいない!

原因をちゃんと分析すれば2倍、3倍と結果は必ず出る。
私もまだまだ知りたい事が山ほどあるが、まずはこれを機にすぐにでもやってみたい事は、


■気になる釣り場の水中の実際は?

■自分のイメージしているカワハギ釣りの水中イメージとの実際の差違。

■ハイシーズンの水中イメージは「カワハギ地獄」で概略わかったが、水温が下がって低活性となった厳しいシチュエーションの場合はどんな行動パターンのか?

■主流の釣り方とは一線を隔す私のデカハギメソッドが有効な本当の理由は?


■イシダイは本当に幻なのか?居るけど喰わないだけではないのか?

■イシダイのエサの喰い方の真実


こんなところか。本当は昨日の釣行くで撮影するはずだっんだけど...(^_^;お楽しみは次週に持ち越しですね('-^*)


課題点として、揺れるボートから画像を安定させるには結構工夫が必要だろうがまずはトライ&エラーで頑張ってみたいと思います(^^)

釣りに行けなくはなったけど空いた時間で次週末の釣行準備とタックルのメンテナンス、そして釣ったカワハギも全て料理して取引先の恩人やご近所配りも完了!

ちなみに最近はキモを沢山食べているせいで体調がスゴくいい!まさに天然のサプリメントですね(^-^)

| | コメント (0)

2011年10月15日 (土)

◆◆メガハギへの道 シークレットを公開!

 関東は今週末あいにくの天候となってしまいましたね(^^;潮周りの最高だからカワハギやイシダイならば出られれば爆釣確率が高かっただけにとても残念ですがこればかりは仕方がない。手持ち無沙汰で暇になってしまった皆様にせっかくなので少しだけシークレットを公開しますね!Ca3a1521 ついに仕留めました!正真正銘の35cmモンです!

 私がボートでカワハギを狙う釣り場は関東近郊。私は旬魚を楽しみたいので季節はキモが美味しくな9月お彼岸から冬季までの間のみを釣る。エリア的にはボート店のある神奈川であればは三浦海岸、長井、葉山、真鶴エリア、伊豆であれば多賀、伊東、田子、沼津あたりといところか。房総はなぜか足が遠いのだが内房・館山が是非行ってみたい!

 しかしもっぱら最近はほぼ三浦海岸に集中ようになったのはデカくて食べても最高に美味しいからに他ならない。身の太さ、キモの成熟度は釣り場によって雲泥の差がある。なぜ三浦海岸がなぜこんないに違うのか理由はわからないが、何か豊富な栄養価高いエサがあるか水質的特長があるのだろう。

 一昨年からの釣行時における30cmオーバーのGET率は80%。いけば大抵は仕留める自信があるのと釣果を見ていても他の人より平均サイズは明らかにデカい。色々と試行錯誤が毎回あるのだがひとつわかってきたのは数釣りと大型狙いではメソッドを変えた方がよいみたい。ボクが好きなのは明らかに後者であることはいうまでもないですね。

 さぁ核心となるキモについて!主に上げるとこの4つでしょう!

■ポイント選定 ■エサ ■誘い方 ■タックル 

 さぁどれから話しなしょうかね~!?でもいきなり全部公開しちゃうのも楽しみがないのでエサ編から。大きく分けてボクはアサリともう一つの特エサ必殺メソッドがあるのですが今回はアサリについて引き出しを開けますね(^^)

 ボート釣りでのデメリットはエサ準備を自分でしなくてはいけない事だが、私は冷凍アサリは絶対に使わない。モチロンそれでも釣れないことは無いが釣果の差は間違いなく歴然と出る!特にこれから水温が20度を切るようになってくるともう勝負の比ではない。エサの調達は確かに手間だが、夢のサイズと出会いたいならばそのくらいの事であきらめるようではダメですぞ~!!

 ではどうしているのかというと・・・家の近くのスーパーマーケットにお願いして活きアサリをBOXで購入している。もちろんエサに最適な小サイズに粒を厳選しているのは言うまでもなく、購入量は一回の釣行でだいたい3~4キロ。金額は大体2,000~2、700円だが、釣行経費がトータルでいくら位かは想像が付くと思う。それを考えたらコストパフォーマンス的にも決して悪くないでしょう(^^)

Ca3a1515  

残念ながら現在の購入店がどこかは現状、個人交渉で買っているレベルなので今はお教えできないが興味がある方は私のホームページ上にある「エサ購入店リスト」を参考にしてほしい。安価で対応いただける店もあるし大抵は宅急便対応も可能だ。

 また会社帰りに近くのスーパーの鮮魚売り場を覗くのは私の場合もはや15年来の習慣。近くのイトーヨーカドーならば20時から半額シールを張り出すので、釣行前の数日間はその瞬間にアサリを買い占めるとか(笑)鮮魚コーナーを見ることは今どんな魚がよく水揚げされているのかを知ることで何を釣りに行くのが良いのかの選択材料にもなる(^^)

 例えば営業マンであれば仕事前の下準備次第で既に商談結果が決まっているようなものと同じ。魚をお客様と思って愛してあげてくださいね(笑)かなり長くなったので残りのシークレットはまたの機会に♪

ちなみに下のカワハギだって30cm超えてますがと小さく見えてしまう(^^;並べると長さだけでなく体高が全然違い貫禄でしょ~!いったい何年生きてきたのでしょうね。まさに三浦の主!!!Ca3a1525

| | コメント (2)

2011年10月14日 (金)

◆◆ブルーオーシャン戦略 宝の山見つけたり!!!

各々の釣りのスタイルはその人の生き方に対するポリシーや仕事ぶりを本当によく反映しているとつくづく思う。

ちなみに私のポリシーは「道なき道を進む」(あくまで私のポリシーだが)

何事においても行動はブルーオーシャン戦略。人がお膳立てをしてくれた道の後にはリスクもないがフロンティアにのみ与えられる栄光も喜びも限りなくゼロだからだ。

尊敬する植村直己も全く同じ事を言っていた。
たとえ大物を仕留めても人のスタイルの丸真似では喜べないし、ビジネスにおける成果ややりがいも全く同じ。たとえそうであるならばオリジナルに対する最大限の敬意を払うことは絶対に忘れずに行動する。

まぁナントも手間のかかる要領の悪い生き方をしているなぁ~と思う時もあるけど(^^;やはりいつか棺おけに入るとき自分のやってきた事に対して「やるだけやったし、これでよし!」と言いたいのだ。

と、言いたくなった昨日のエピソードもホントはここで書きたいのだが・・・それは一旦置いておいて昨日の秀丸ボート釣行はそんなワガママな私の最大の理解者であるイカ社長(ホント感謝しております^^)と久しぶりと釣りでした。ご周知の通りシーフォアグラも狙いましたがメガハギよりもまずお伝えしたいトピックはこれ!

Ca3a1523001


おっと間違えた・・・(^人^; これでした!

Ca3a1520001

今回もモチロン情報レスでのトライ。どうかな~と思いましたがバッチリ居ましたね!!!既に500g級もいるしこりゃこれからのサイズUPが楽しみです(^O^)それと群れになって何度もエギを追いかけて来たあの魚体・・・さぁ次回はどうやって仕留めよう!?おっとまたしてもメガハギシークレットは次回でゴメンナサイ。

しかし秋の楽しみはまだまだ尽きませんね~!!!(^O^)

| | コメント (0)

2011年10月13日 (木)

◆◆ボートイシダイ釣りの集大成がついに発売!!◆◆

Vol54_h1_3

   ほぼ情報ゼロに近い中からトライ&エラーで積み上げてきたボートイシダイフィッシングをはじめて今年ではや10年。その開拓経験から得てきたノウハウを大盤振る舞いで公開したのが今回の記事

 「週刊日本の釣り」 ~釣りのテクニック・ボート釣りイシダイ~

です。ちなみに今回の54号に掲載されているのが基礎編(前編)。応用編(後編)も近日発売予定ですのでお楽しみに♪ 

また当誌は専門性・網羅性・資料性・機能性・学問性を盛り込んである、ひと言でいうならば「釣りの百科事典」 永久保存版として愛用いただけるクオリティかつ、皆様の心に残る記事となるように書き上げたつもりです。

書店に在庫がない場合が多いようですが注文取寄せは可能なので是非ご一読くださいね!通常定価590円(税込)です。

| | コメント (0)

◆◆三浦の主!?35cmオーバーのメガハギ仕留めたり◆◆

111012026778img_4259

昨日は久しぶりに相棒のイカ社長と野比海岸・秀丸ボートへ。最近はもう尺オーバーネタ当たり前になってしまうなんとも有難い贅沢ぶりに感謝ですが、今回はそのさらに上を行くこんなネタを釣ってしまいました!!35cmオーバーのメガハギです。写真では分かりにくいかもしれませんが実物を見るとホントデかいです。詳細はまたの更新をお楽しみに♪

| | コメント (0)

2011年10月11日 (火)

カワハギ必釣シークレット!

Ca3a1511001
事後報告となりますが先週の金曜日に渋谷上州屋で開かれたご存知ダイワのカワハギ名人、宮澤幸則さんのカワハギセミナーに行ってきました!

行く前日にDVD「カワハギ地獄」を新旧ともに購入し内容をフルチェック。自身の課題点をより具体的にイメージして明日の質問に臨むべく準備しました(^^)

宮澤さんはとても人柄のいい方で当日は皆さんの質問に丁寧に答えつつも笑いの絶えないセミナーとなり、一時間半あまりの楽しい時間はあっという間に終わりってしまいました(^-^)

ボク的に勉強になったポイントとしては以下の3つ。

1■水中映像と自分のイメージの違い
魚はどこに注目しているのか?効果的な食わせ方は?

2■シチュエーション別針の使い分け
これは前回記述した通り。
それとハリス長と号数の思ってる以上に重要な関係。いつもテキトーだったボクは実際に試してみて確かにその威力にも目がひっくり返りました!タフ時程、5ミリ単位かつtotalタックルバランスに拘るべきですな。

3■誘い下げの威力!
昔はこの食わせ方ばかりやっていたのを久しぶりに思い出しました(^^;
誘い下げの威力はやはり絶大です!

と、こんなところですがシークレットのキモはパンパンにDVDに入っているので興味のある方は是非ご覧になられるとよいでしょう(^^)

ボクもおかげで一昨日の釣果も10枚はプラスになりましたし値段以上の価値は十分にありましたよ('-^*)

宮澤さん、有意義なセミナーを本当に有難うございました(^人^)

| | コメント (0)

2011年10月 8日 (土)

尺オーバー含めカワハギ48枚!野比秀丸ボート

Ca3a1509002 今日は一日穏やかな晴天で最高のボート釣り日和でした♪釣果はカワハギ48枚!32~22cm良型のみ27枚は私がキープし残りはすべて同行のTさんに美術魚拓用として差し上げました~(^^)

先週に引き続き今日も三浦・野比海岸は秀丸ボートさんにやってきました!

尺オーバーの興奮に加え相変わらずメッチャ美味しいシーフォワグラの感激も冷めやらぬものの、一日中カワハギ釣りに集中して取り組んでみたかったのだ。あれやこれやと中途半端でなく、キッチリとやったらどの位の釣果が出せるものなのかを今回は全力でやってみた!

そして結果。Total48枚!

いつもと比べると小型も多く混じったがそれは今回同行した龍輝さん(魚拓会での名取り^^)に会での魚拓用としてお持ち帰りいただいた。ポイントは水深8mのどシャローで今日はいつにもなく澄み潮のもう底が見えている状況なのにそれでもシッカリと釣れるのだからオドロキでした!

Ca3a1507 今回も尺ハギを2枚ゲットに成功~v(^.^)v!32cmオーバーともなると引きもかなり強烈で楽し過ぎです~!!

しかし決してベストコンディションだったかというとそうでもない。天気はよくとも凪倒れを彷彿させる音もなくエサだけ取られるだけで低活性の時間帯が多かったのも事実。だが私は今回その間も数を伸ばしつづけることが出来た。そのキモとは・・・・?

いつものハゲ針6号一辺倒ではなく下記のフックを導入してみたのですっ!!!

Ca3a1503_2 今回初めて試したダイワのパワーワイドとパワースピードだがそのフッキング性能には本当に目を見張るものがある。特に魚が低活性でエサを勢いよく吸い込まないタフコンディション時でも高確率でフッキングに持ち込むことができパワースピードはまさに目からウロコ。野比はカワハギのサイズからしても8.5号がよいかも!?

それと今回も感じましたが皆さんボートを移動し過ぎ!

潮止まり前後で魚の活性が下がりエサの吸い込みが悪くなる時間帯に入るやいなや、皆さん一斉に移動を開始しちゃうけど・・・

釣れない事を場所のせいにしてはいけません!

魚は居るけど感じられていないだけの場合がホント多いんだから(^_^;)

| | コメント (2)

今日も尺ハギげっとん!

今日も尺ハギげっとん!
へへへ〜っv(^-^)v

| | コメント (0)

2011年10月 6日 (木)

年末は淡路島でイシダイ釣り

年末は淡路島でイシダイ釣り
わが家の家宝 本間龍王先生の手による美術魚拓 イシダイ です(^^)

今年も年末まであと2ヶ月を切りました。あ〜なんだかアッという間ですねぇ(^_^;)

私は年末、帰省も兼ねて関西、四国ともはや毎年恒例となりつつある西日本耐久釣行を計画中(^^)

そのトップバッターが淡路島は沼島のサンバソウ釣り。

サンバソウとはイシダイの子供を指す関西での呼び名で「冬の沼島といえばサンバソウ釣り」という位、関西ではもはや風物詩となっている。

年末かよ…と思うことなかれ。人気の船宿ほどシーズンの予約は数ヶ月前から早いうちにいっぱいとなってしまう。私も電話したら年末は既に12月31日しか空いていなかったので迷わず予約!

夏場、速潮場が好きなイシダイは晩秋から深場に落ちる個体と緩潮場の漁礁や根に溜まる傾向があるが沼島は後者。


実は淡路島の釣り大好き従兄弟に再来月、待望の子供が生まれる。

本人、年末はおそらくてんやわんやだろうが大切な家族へのタンパク源確保は全て私に任せていただき安心して子守に専念していただきたい(笑)

| | コメント (0)

2011年10月 4日 (火)

既にキモパンMAX状態〜っ!!!

既にキモパンMAX状態〜っ!!!
野比海岸 秀丸ボートで釣ったシーフォアグラの解体シーン。

既にフォアグラはMAX状態〜っ!!!

お味は...言うまでもありませんね〜♪最高っ(*^.^*)

| | コメント (0)

2011年10月 2日 (日)

尺キモパンの宝庫!野比海岸 秀丸ボート

Ca3a1491001cut

今日はもう終わりにしよう・・・いや、やっぱりもう一投だけ・・・すると・・・おおおっ!本当に来ちゃいました起死回生の一撃!最後の最後に尺オーバーのシーフォワグラをゲットに成功

 今日は2週間前に釣行予定が荒天で潰れた三浦野比海岸・秀丸ボートさんに行ってきました!

 天候は曇天で4m程度の北東風が吹くも波っ気は釣りをするには問題ない程度。今日の狙いはまず一発ホームラン狙いでお得意のイシモノ・ソコモノからスタートする。しかしアタリはベラ等のエサ取りばかりで本命らしき魚信はまるで皆無の状況だけが延々と続くが・・・

残念ながら11時で見切る。うわ~4時間以上もロスし現時点で未だボーズ・・・(-.-;)ヤバイ。素直に旬のシーフォワグラ狙いへチェンジ!お土産確保に専念しませう。

Ca3a1378 写真は7月釣行時のもの。ビッグママと秀丸のマドンナ(おかみさんともいう)野比海岸でもこんな交通事故がたまにはある。たまには・・・(^^;

 ダッシュでポイント移動!ここ数日好調とおかみさんから聞いていた水深8m前後の浅場にアンカリング。しかしこんな浅場でホンマに釣れるんかいな?半信半疑で仕掛けを落とすと・・・

 ひええっ!速攻で25cmのキモパン君登場!その後のペースに波はあるものの、外道に午前中仕留める予定だった磯の王者イシダイ(サンバソウ級だけど)やカンナギ(50年後の姿)も交えながら23~尺超えまでの良型を中心にシーフォワグラを釣り上げて本日の釣りを終了とした。ふぅ、一時はどうなることかと思ったけど何とか形になったかな(^.^;)

Ca3a1489 珍しくカワハギ仕掛けに(未来の)カンナギが・・・幼児虐待はイカンと思いつつも美味しさの誘惑には勝てずキープ(-人-;

 ちなみに当日、皆さんのシーフォワグラ釣果はトップ20~4匹でサイズは最大32.5cmを頭に尺オーバーがナント5枚も出ているじゃありませんか!「大型の宝庫・野比」は今年も健在です(^^)しかし釣れるポイント傾向は2年ほど前と大分変わってきていて10m以深でなく7、8mを切るどシャローに分があります。かつどのエリアがよいかはタイムリーな情報を秀丸ボートさんに聞くのが一番!

Ca3a1492イエーイ!正真正銘の尺シーフォワグラでしょ~!v(^.^)

 ここは一般的な釣りイメージからはかけ離れたパターン傾向があるのでついついペースを乱されがちになっちゃいがち。だから意外と名人と言われる人より情報を素直に受け入れられるビギナーさんにも福が訪れる確率が高いように思います。

Ca3a1494 今日の釣果。あ~朝からやってりゃもっと釣れたのになぁ(^^;参考までにタックルはバイオインパクトカワハギS180+早技LにPE1.5号・針はハゲバリ6号を愛用しております。

あと当日感じたのは釣れない人ほど場所を移動し過ぎ!!!確かに拾い釣りが功を奏する場合もあるが、ここではやみくもに移動しても狭いエリアで回遊している(と、思われる)シーフォワグラを安定して数釣るには効率が悪い。

キーになる回遊ルートで待ち伏せするかコマセワークの巧さで魚に気付きのタイミングを効率よく与える方が私の経験上はよい結果となっている。あとは大型ばかりにサイズを絞るテクニックもありますが・・・!

その点の詳細はまたの機会に書きたいと思いますのでお楽しみに♪

| | コメント (0)

2011年10月 1日 (土)

九州遠征 まさかの中止!

九州遠征 まさかの中止!
いや〜まいりました...
万全の準備で臨んだ九州遠征釣行でしたが荒天のためにまさかの中止!となってしまいました(^_^;)


仕事の都合上、翌日に変更することもできずこればかりは仕方がありません。

タックルの準備、輸送、レンタカー手配等、手間と経費が吹っ飛ぶリスクは遠征釣りには必ず付きもの。


しかしこの程度で懲りるワタシではないので(笑)モチロン!また近いうちにリベンジするつもりです(^^)


そして今回、最後まで調整に尽力くださったフィッシングネット九州さん、釣りに関してご指導いただいたフィッシングワールド博多駅前店 幸田さんにあらためて御礼申し上げます。

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »